お礼はこれでいいですか?神待ちの常識?

伊東 いちか   2016年3月24日   お礼はこれでいいですか?神待ちの常識? はコメントを受け付けていません。

家出娘の宿探し掲示板である家出掲示板。
家出した女性たちが、神と呼んでいるのはその日の宿を提供してくれる男性のこと。
元々、神待ちというのは家出したはいいけどお金がなくて流行のネットカフェにも泊まることが出来ないという10代の女の子たちから始まりました。
しかし、近年では若い子だけではなくOLや主婦などの家出が流行っています。
その宿泊のお礼には、女性を男性が泊めるのですからやはりそういうことになるのでしょう。
■お金は無いので、お礼に
お礼に何か置いていこうにもお金がないから買うこともできないので、ならば男性が喜ぶことをしてあげようと思うのです。
出会ってすぐからやりたいオーラ全開の人もいるのですがそんな時は泊めてくれるのはありがたいけど何だかやだなとか思ったりするのですが。
そんなそぶりを見せないままでいる神には、待ちきれなくてこっちから襲っちゃったりするんです。
驚いた顔をするけど、いいから。
と言うとその気になってくれてそのままベッドになだれ込みって感じ。
結局男性はやりたいから泊めてくれるのかもしれないけれど、実を言うと女の子だって欲求不満になるんです。
何も手を出さない人には、早くってうずうずしてしまうのです。
エッチがお礼なんて男女間じゃないと完結しないから、神待ちならではのお礼の方法なのかもしれません。
ある時の神待ちで出会った神は、ちょっと変わった生活感の人だったのです。
いつも通りに待合わせしてその人と食材を買ってアパートに行きました。
玄関に入ると、おもむろに彼が服を脱ぎだして、あっという間にすっぽんぽんになっているではないですか。
驚いた私はまだ、そんな気になれないんだけど、と説明しました。
は?と驚いた彼は私にこう言います。
家では裸族なんだよね、別にエッチするつもりで脱いだんじゃないよ。
泊めてもらうんだから、その家の生活感に合わせるのも当然かと思い私も玄関で全部脱いで裸になりました。
そしたら不思議、とても楽なんです。
そのまま料理もしてお風呂にも入って、もちろんエッチもしましたよ。

関連記事